日本破綻で南欧諸国の国債も暴落する。ゴールド買うべき。

昨日、海外の証券会社で金ETFを購入しました。過去の金相場の歴史を鑑みても、国家破綻程度で金価格が上がるとは限りませんが、日本破綻で南欧諸国(ギリシャ、イタリア、ポルトガル等)の国債も暴落する可能性が非常に高い。

破綻のマグニチュードがデカいので、金価格は今後上昇すると思います。昔、米ドル不安が発生したとき、金価格が暴騰しましたが、それ以上の通貨不安が発生する可能性がある。

日本破綻で南欧諸国の国債も暴落する理由は、ユーロも日銀のように金融緩和をしてるからです。「日銀は日本国債を無制限に購入し続けたが、日本国債は暴落した。ユーロ圏も金融緩和やってるが、政府債は安全とは言えない。南欧諸国の国債は危険」とマーケットは見做すと思います。すると、南欧諸国の国債も暴落する。

日本のみならず、ユーロも大混乱に陥ると思います(その可能性が極めて高い)。すると、日本、ユーロと貿易してる国、すなわち世界中に影響が出る。世界の主要通貨の日本円、ユーロに通貨不安が発生しかねない。

金は値上がりする可能性が非常に高い。現在の価格は採掘コスト近辺かそれを割ってます。もし、上記の通りとならなくとも(例えば、米ドル暴騰で金価格下落)、損失は限られている。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年2月28日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:日本破綻

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ