日本で景気刺激策は無意味。好循環は絶対に生じない。

よく聞くのが財政出動で景気刺激すると、生産、所得、支出も上向きになり好循環が生じる、という話です。しかし、日本では起こりません。日本では(政府レベルでやる数兆円規模の)効果の高い投資案件がない。

好循環が生じるのは、例えば次の状況です。

  • 電力インフラが整備されておらず、製造業の生産と輸出を妨げてる。なので電力インフラを整備する。
  • 重化学工業や鉱業(所謂、基幹産業)に資金を低利で融資し、事業拡大を促す。すると関連産業も発達し輸出も雇用も増える。戦争にも勝利する。
  • 公道を整備し、自動車需要を換気する。国内自動車メーカーは国内市場向けに自動車を大量生産しコストを下げる。それが国際競争力を高めたり、関連産業の発達を促す。
  • 油田が見つかったので、油田の開発をする。

財政支出が好循環に結びつくのは上記のようなケース。経済発展の土台となるインフラが未整備だったたり、基幹産業の発達が十分でない場合は特に効果がある。支出が新たな需要を生み出す。上記の対策を好況期に行うと過度なインフレを招く恐れがあるが、不況期ならその恐れは低いです。

なので大昔は、不況期の大規模な財政出動は効果があった。

しかし、今の日本はインフラも基幹産業も十分です。道路の補修や国土強靱化は必要ですが、単に既存の土台を維持するか、無駄なインフラ作るだけ

日本ではいくら財政支出やっても好循環は生じない。効果の高い投資案件事態がない。人口動態の悪化が加速する日本に好景気は永遠に訪れない

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年1月18日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:日本破綻

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ