円の信用不安が始まりつつある。

去年の6月から日本破綻を確信し、全財産を外貨・外債投資にした訳ですが、予定通りうまくいっています。というか、日本が潰れるのは確定事項です。そうすると円安も必ず起きることになる。外貨・外債投資して儲かるの当たり前です。小学生でも分かること。米国の金融緩和縮小とかくだらねーです。自分にとってはどうでもいい。

数ヶ月先の為替・経済の見通しとか、そんなのどうでもいいし、興味ないです(日本の経済指標が悪化すると破綻が早まるので歓迎ですが)。今は愚直に円売り、外貨・外債買いをすればいい。こんな簡単に儲かるのはもうないかもしれません。

他の人は平和な日常生活から「日本破綻」が想像できないだけです。我々はそういう人たちをカモにしましょう。

話がそれましたが、最近の日銀の追加緩和やそれに伴う円安、食料品等の値上げを各社が予定していることを鑑みると、円の信用不安が醸成されつつある、と思っています。実質賃金がさらに低下するのも間違いないです。物価高なのに金利はほぼゼロで実質的に資産は減る。その一方で急激な円安。円を外貨建て資産に換金する人も増えるでしょう。さらに円安は進む。

もはや円札を持つ理由はなくなりました。日銀が円札刷りまくって、国債買いまくる財政ファイナンス。株式市場には年金と日銀が刷った円札を突っ込む。こんな通貨が信用される訳ありません。

円は加速度的に信用を失います。半年以内にドル円150円も十分ありえる。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年12月6日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:投資

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ