日本国債をショートしました。

まだ資産の4%ですが、日本国債をショートしました。具体的には、日本債券ベアファンドを購入しました。今後、ベアファンドの購入は増やしていき、資産の10~15%を空売りに充てる予定です。

理論的には、日銀が無制限に国債を購入すれば、国債暴落は起こりません。しかし、国会やメディアでの日銀総裁の発言から、その可能性は低いと考えました。

仮に日銀が無制限に国債を購入すれば、円は暴落します。日本国債ショートが利益を生まずとも、その場合はポートフォリオの85~90%の外債建て資産の為替利益が充分穴埋めできます。

というか、日本国債10年物の利回りは現在0.6%ちょっと(人類史上最低)で、ファンドの償還日に利回りがこれより高ければ損失は被りません(実際には諸費用がかかるが)。

自分がこれから10年程度は株式投資に極めて否定的なのは前に述べましたが、しばらくは、ポートフォリオの10~15%で破綻(しそうな)国家の国債を空売りし、残りを外貨建て資産にする、というスタイルで運用するかもしれません。

歴史を紐解くと、国家破綻が集中する時期があります。その時期に今差しかかっていると思います。こういう場合は、破綻国家の国債を空売りしつつ、国家破綻に伴う株価暴落でお宝株を安値で購入する。という戦略のほうが功を奏すと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年12月6日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:投資

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ