ユーロ危機の構図

日本国債をショートしたのは、前に書きましたが、今は株式投資よりも先進国の国家破綻に注目しているので、ユーロ危機について現在勉強中です。ユーロ売り、ユーロ圏の問題国の国債の空売りについて、可能性を検討している。ただ、国債空売りは、ユーロ売りより難しいと思っている。各国政府やECBがどのような政策を取るのか予測が立てづらいので。

日本のように明らかな国債危機(and 利回りが低く損失が限定されている)という事例もそうはないと思う。

現在、「ユーロ破綻。そしてドイツだけが残った」という本を読んでいる。だいたい読み終わった。重要な点が以下の通り。

  • 高インフレ国が固定相場制を採用すると、低インフレ国から過剰な資本流入を招きやすい(たとえば、ドイツからスペインへの不動産投機)。低インフレ国は、高インフレ国の投資リスクを過小評価しがち。
  • サブプライム危機によりユーロの問題国への投資は激減した。それにより問題国の経常赤字が膨らんだ。統計上は、問題国からユーロ紙幣が消滅するはずだが、ユーロ各国中央銀行にはユーロを刷る権限があるため、問題国の中央銀行はユーロを刷ることができ、経済の大崩壊を免れた。
  • 問題国への投資は激減した=ドイツの債権は膨らんだ。ここで、債権とはドイツの中央銀行が持つ各国中央銀行(ECB?)への債権。ユーロ圏の中央銀行間の勘定は決済されない仕組み(?)。ECBが崩壊すると、ドイツ中央銀行が持つECBに対する債権は消滅しかねない。
  • ドイツの債権が膨らむほど、ユーロが崩壊したときにドイツが被る損失は莫大なものとなる。そのリスクをドイツは意識しだした。

こんな感じの内容です。ざっと読んだだけなので、間違いがあるかもしれない。

タグ

2013年12月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:経済

(2014~16年)日本株に投資する個人投資家に破産宣告をする

日本破綻が起こると株価はどうなるか?真剣に考えたほうがいい。アイスランドの国家破綻では、平均株価は約10分の1になったこれを日本に当てはめると、日経平均株価は現在の約1万5000円の10分の1だから、1500円になる。そこまで下がらないとしても、平均株価3000円は充分ありえる

自分は3年以内の日本破綻確率は80%だと思っている。詳細は自分のHPのコラムを読んで欲しい。しかし、どうせあなたは、「日本が破綻するはずはない」、「破綻はもっと先だ」、こう考えているだろう。だが、日本破綻で株価は5分の1~10分の1になり、あなたの資産はほとんどなくなることになる。

今、日本株に投資するのは、とてつもないリスクを背負っている。同様に日本が破綻すれば、外国株(外国企業)もタダでは済まないと思う。外国株にポートフォリオのかなりの割合を投資するのも考えもの。

破綻する論者、破綻しない論者、どちらの言い分に説得力があるか?客観的に聞いて欲しい。「日本は破綻しない」と信じるのは、あなたの自由だが、あなたの意志に関わらず株価は5分の1~10分の1になる。

なので、日本が潰れるまでは、円以外の通貨や外債に分散投資すること(余裕があるなら、日本国債の空売りも)。そうでなければ、あなたは破産することになる。

タグ

2013年12月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日本破綻

日本国債をショートしました。

まだ資産の4%ですが、日本国債をショートしました。具体的には、日本債券ベアファンドを購入しました。今後、ベアファンドの購入は増やしていき、資産の10~15%を空売りに充てる予定です。

理論的には、日銀が無制限に国債を購入すれば、国債暴落は起こりません。しかし、国会やメディアでの日銀総裁の発言から、その可能性は低いと考えました。

仮に日銀が無制限に国債を購入すれば、円は暴落します。日本国債ショートが利益を生まずとも、その場合はポートフォリオの85~90%の外債建て資産の為替利益が充分穴埋めできます。

というか、日本国債10年物の利回りは現在0.6%ちょっと(人類史上最低)で、ファンドの償還日に利回りがこれより高ければ損失は被りません(実際には諸費用がかかるが)。

自分がこれから10年程度は株式投資に極めて否定的なのは前に述べましたが、しばらくは、ポートフォリオの10~15%で破綻(しそうな)国家の国債を空売りし、残りを外貨建て資産にする、というスタイルで運用するかもしれません。

歴史を紐解くと、国家破綻が集中する時期があります。その時期に今差しかかっていると思います。こういう場合は、破綻国家の国債を空売りしつつ、国家破綻に伴う株価暴落でお宝株を安値で購入する。という戦略のほうが功を奏すと思います。

タグ

2013年12月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:投資

このページの先頭へ