移民政策は最悪。外人は今すぐ日本から出て行け。

自分は別に愛国心はないが、移民政策は最悪である。絶対にやってはいけない政策と思う。目先の経済的利益を追求すると、長期的衰退を招く。移民政策に頼るようでは、日本も先が見えている。

問題は移民を受け入れても彼らも高齢化するわけで、数十年という長期で見れば何も問題は解決しない。それよりも子供が生まれたら、一律に500万円支給したりして、少子化対策をやるほうがよっぽどいい。

また、当たり前だが質の高い移民はより良い条件の国を求める。たとえば、あなたはオーストラリアとカンボジア、どちらに移住したいですか?

国自体が魅力的でないと、質の低い移民を大量に受け入れることになる。日本が一旦移民を受け入れると、経済力を保つため、日本は移民受け入れを止められなくなるだろう。そこで、日本の経済が今より悪くなれば、日本に今までよりも質の悪い(ただ若いだけの)移民を受け入れることになる。絶対に犯罪が増える。

日本が移民に人気があるとは思えない(あるいは人気はなくなっていく)。移民にとっての第一志望は、米国やオーストラリア、シンガポールであって、それら国に移住できない奴が日本に移住することになる。

もう一つの移民の問題点。それは移民は自国に対する自己犠牲の精神に欠ける。軍隊に例えれば、傭兵みたいなもんだ。そんな奴らが人口のかなりの割合を占めると、国難が起こったときに揉めるだろう。

あるいは、極端な話、中国人が大挙日本に移住して移民比率が人口の60~70%に達すると天皇制もなくなるだろう。権威と権力が分離がなくなり、国難時に大変なこと起こり兼ねない。たとえば、内戦も発生しやすくなる。

外人はさっさと日本から出て行け。Japanese want you to abandon Japanese.

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年9月29日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ