LNG市場のグローバル化 - The Economist誌記事概説

→元記事

米国のサビーン水路(地名)は今まではガス輸入港だった。しかし、シェール・ガス革命で今では輸出港に変貌しようとしている。米国のガス革命を象徴する。

シェール・ガス革命に伴うガス供給多寡でユーロは株価指数算出に際して、エネルギー企業の組み入れ率を調整した。ロシア国営ガス企業ガス・プロムは、世界ガス市場の動向が国内ガス価格に影響することを身を持って知った。

技術進歩に助けられ、ガスの輸送コストは大幅に下がった。たとえば、1950年代はガス価格の1/3は輸送費だった。それが今では5%になっている。

ガス価格はこのまま下がり続けるか?そうとも言えない。巨大LNGプロジェクトには昔に比べて多額の資金が必要になった。建設費用、液化ガスの再ガス化費用、建設資材の値上がり等のせいだ。また、豪国は近い将来にカタールを抜いて、世界最大のLNG輸出国になりそうだが、豪国の人件費は高い。

一方、ガス革命が進みガスの長期供給が保証されれば、ガス購入顧客は契約を見直すだろう。すなわち、現在の主流の契約形態はガス価格は石油価格に連動する、というものだ。この形態が代わり、顧客はスポット価格でのガス購入をするようになるやもしれない。

しかし、米国が発生源となったガス採掘の技術進歩は他国に波及し、ガス価格は下落する可能性がある。そして、ガス市場はグローバル化していく。

英単語

  • regasification
    再ガス化
  • Sabine Pass
    サビーン水路。地名。サビーン湖のメキシコ湾に通ずる出口。
  • one-off
    1回限り。
  • bits
    「わずかな場所」の意で使っていると思う。
  • lead the way
    先頭に立って行く。道案内する。
  • groundbreaking
    草分けの
  • take to
    ~が好きになる、~に専念する

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月31日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:海外誌記事概説

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ