インド経済の苦境 – The Economist誌記事概説

How India got its funk

インド経済が1991年以来の苦境に喘いでいるそうです。公定金利もリーマン・ショック以来の高さとのこと。また、インド政府の最近の単年の債務残高増加幅は、GDP比で10%に達するそうです。

インドは、1991年の経済危機の際に構造改革を試みましたが、中途半端に終わっています。官僚主義や旧態依然の反対勢力が邪魔になったとのこと。市場の自由化、労働法の改正、規制緩和が進んでいないとのことです。たとえば、インドでは石炭業と鉄道が国営らしいです。

インフラ設備も遅れており、電気不足も経済成長の足枷になっている。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月27日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:海外誌記事概説

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ