今、世界で一番有望な株式投資市場はロシア

10月頃に増資しますが、ロシア株を購入したいと思います。自分が調査した範囲では、ロシアが投資市場として最も有望。あとは、中国もいいですね。為替面もいいし、株式も割安です。

為替リスクについて

ロシア投資すれば、為替リスクがあります(まあ、長期的には円安・日本財政破綻なんで、為替リスクを論じる意味はあまりありませんが)。で、ロシアの輸出品の7割が鉱物性燃料(石油・ガス等)です。

自分が石油価格に強気なことは本ブログやメルマガに書きました。第三者的立場の専門家の予測は、2020年の原油価格は150~250ドル/バレル。また、シェール・バブルが近々崩壊するのも周知の通りです。シェール・バブル崩壊については、後で記事を投稿します。

つまり、貿易収支の黒字拡大の可能性が極めて高い。ルーブル増価の要因となります。

次にロシアの政府の債務残高。残高はGDP比で約10%です。日本がGDP比200%以上なのと対照的です。ロシア政府は資源企業に重税を課しています。債務残高が低い中央政府が資源マネーで潤えば、減税やインフラ投資も実行しやすいです。経済にもプラスです。

ロシアの株式市場

市場平均のPERが6~7倍だったと思います。極めて安いです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:投資

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ