【その3】アベノミクスで財政破綻が前倒し。預金封鎖へ。

(事前に【その1】【その2】を読んで欲しい)

前回の記事では、無制限の日銀国債買取り→諸外国が円を信用しなくなる→急激な円安→日本人も円を信用しなくなる→日本人が円をドルに両替する、のシナリオを説明した。なお、ロシア危機でも韓国の通貨危機でも自国民が自国通貨をドル換えたのは周知の通り。

では、この次は何が起こるか?やはり、預金封鎖しかないと思う。日本人のドル/円両替が進めば銀行は経営破綻する。そのため、預金封鎖が起こる。預金封鎖後は、毎月の引出しは○×万円までと制限され、そのうち新円に切り替わる。どこかのタイミングでIMFの管理下に入る。

この意味で国債暴落はないかもしれないが、新円切り換えで政府の借金はチャラになる。日本人は困窮する。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月17日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:日本破綻

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ