【その2】アベノミクスで財政破綻が前倒し。預金封鎖へ。

日本破綻まで高インフレ(物価上昇率10%以上)、ハイパーインフレが起こり得ないもう一つの明確な理由は、それらを引き起こすほどの大量の国債を発行すると、国債の買手が不足し国債未達が起こるためです。未達なら国債暴落で財政破綻します。

アベノミクスに批判的な書籍にある通り、日本企業の資金需要が乏しいため金融緩和で銀行貸出しは伸びません。インフレも起きないです。もしインフレを起こすなら、数百兆円規模の財政出動を毎年行い、意図的に物不足にする必要があると考えます。もちろん、それはありえない話で日本破綻までは物価は小幅に上下し借金が増える。そのうち破綻してIMFの管理下に入ると思います。

日本破綻を回避するため、日銀の国債買取が続くかもしれません。しかし、無制限に国債買取を行うと円の信用は地に落ちます

たとえば、もしカナダ政府が借金漬けで、カナダ中央銀行がカナダ国債を無制限に買うとする。あなたは、カナダ・ドルを買いますか?同じように、日銀が無制限に国債を毎年購入し続けると、諸外国は日本に不信を抱くでしょう。「財政破綻するのでないか?」、「破綻で日本は大不況になる」。このような疑惑が広まると円は短期間で暴落する

私は2週間未満という短期で円が一気に暴落すると思っている。諸外国の例を見ても、通貨危機時の暴落は急激です。

今度は日本人が円を信用しなくなる。暴落の可能性が強い円を保有するより、一旦ドル換金し必要に応じて円を使用するようになるでしょう。ドル換金に伴い、円安がさらに進み、銀行の預金残高も減る。残高減少で金融機関は国債を売る。

日銀が国債を買い支えられなければ、国債暴落が起こるでしょう。というか、ここまで混乱が進めば、IMFの管理下と思います。

日銀が国債買取を進めると円の信任がなくなり日本が破綻する。国債取りを抑制すれば国債暴落で破綻する、私はこう考えています。

>>(3)に続く

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年7月28日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:日本破綻

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ