外国株投資 – 調査方針、現実的な考えで

今までは完全にボトムアップなアプローチで銘柄選別を行っていたが、いま検討している外国株投資ではトップダウン的アプローチでも調査していきたい。言い換えれば、まずある国の株式市場が割安かを調査して、その後、その株式市場に上場する企業の中から投資先を選定していきたい。このやり方のほうが効率的。

自分も中国株で経験があるが、外国株に投資する場合は、その国の法整備が進んでいるか?粉飾決算は?ということに注意する必要がある。

っていうリスクが日本株よりも高いだろうから(米国株とかは平気だろうが)、リスク回避も考えないとだな。あと、企業情報も日本株より入手しづらいから、外国株に投資する場合は、日本株以上に分散投資することになるな。っていっても、ポートフォリオ内の銘柄数が20を超えることはないだろうけど。いま、ベトナム株に注目している。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月3日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:投資

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ